ブログ

(解決実績)大型商業施設での未成年への盗撮事件について不起訴で終結した事案

ご相談者様は仙台市内の大型商業施設で女子高生に対して小型カメラで盗撮行為をしたところ発覚して警察に連行されました。

幸いにも逮捕はされませんでしたが,今後の処分が不安になったことから,ご相談者様は当事務所に相談をされ,依頼をされました。

被害者の方とは面識がなかったので警察を通じて被害者の母親の連絡先を教えてもらい,示談交渉を開始しました。

被害者が未成年である以上は交渉の相手方はご両親になりますので,被害感情はより強く交渉は難航を極めました。

しかし,粘り強くこちらの反省・誠意を示したところ,被害者様のご両親も示談に応じてくれ,無事に不起訴で終結することができました。

被害者がいる刑事事件では処分の結果は示談の結果に左右されるといっても過言ではありません。

被害者と示談をするためには被害者の連絡先を知っている必要がありますが,被害者の連絡先を知るためには警察か検察から教えてもらうしかありません。

通常は弁護士にしか被害者の連絡先を教えてくれません。

ですので,被害者と示談をして不起訴にしたいという希望のある方は早期に弁護士にご相談ください。

初犯の盗撮事件(自白事件に限る)については相談料・着手金ともに無料です。