ブログ

暴行罪の刑事弁護方針

1 具体例

典型的な暴行は殴ったり蹴ったりすることですが、次のようなケースも暴行罪の暴行にあたります。
【襟首をつかむ】
口論などでカッとして相手の襟首をつかんだ場合は、暴行になります。殴っていないから暴行にならないというわけではありません。
【足元に石を投げる】
投げた石が相手に当たれば暴行になるのは当然ですが、相手にあたらなくても、すぐ近くに落ちた場合は、暴行になります。このように、直接接触していなくても、相手の身体に向けて力を行使し、ヒヤっとさせたときは暴行になり得ます。
【肩を押す】
口論等で故意に相手の身体の一部を押した場合は、暴行になります。人混みの中で意図せず体が当たってしまった場合は、故意がないので暴行にはなりません。

2 暴行の自白・刑事事件の弁護方針

(1)示談をする
被疑者を起訴するか否かを決めるのは検察官です。検察官は暴行罪の被疑者を起訴するかどうか決めるに当たり、示談を非常に重視しています。そのため、被害者との間で示談が成立すれば不起訴になる可能性が非常に高くなります。逆に,示談をしなければ略式起訴以上となり,前科がついてしまう可能性が高いです。

(2)被害者に謝罪する
ご本人に謝罪文を書いていただき、弁護士が被害者にお渡しします。通り一遍のことを述べるのではなく、自分の言葉で心をこめて謝罪することが重要です。

(3)環境を改善する
飲酒絡みで暴行事件を起こした場合、自身の飲酒癖をどのようにコントロールしていくかを考えてもらいます。不良グループの一員として暴行事件を起こした場合は、そのようなグループから離脱し、交友関係の見直しを含めた生活環境の改善が必要となるでしょう。いずれにせよ生活環境を立て直すためにはご家族の協力が不可欠です。ご家族には日常生活の中で本人を監督してもらいます。

3 暴行の否認・刑事事件の弁護方針

(1)「酒に酔っていて覚えていない」という主張は通用する?
「被疑者が被害者を暴行した事実」は、被疑者が覚えているかどうかとは関係なく、現場の防犯カメラや被害者・目撃者の供述調書によって固められてしまいます。「酔っていて覚えていない」という主張を続けて不起訴処分あるいは無罪判決を獲得するのは困難でしょう。かえって検察官や裁判官に「反省していない」と思われ裏目に出ることも少なくありません。

(2)正当防衛を主張する
最初に相手の方から殴りかかってきたり、凶器を使って攻撃してきた場合は、相手に暴行を加えても正当防衛により無罪となる余地があります。弁護士がご本人から事情を聴取し、正当防衛を裏付ける事情があれば、不起訴処分あるいは無罪判決の獲得を目指します。

(3)共謀がないことを主張する
現場にたまたま居合わせたものの暴行には一切関与していない場合、暴行した人間との共謀が認められなければ暴行罪は成立しません。弁護士がご本人から事情を聴取し、謀議への参加など共謀を裏付ける事情がなければ、不起訴訴処分あるいは無罪判決の獲得を目指します。

 

暴行罪の刑事弁護は仙台の弁護士におまかせください。