ブログ

強制わいせつ罪の刑事弁護方針等

1 強制わいせつ罪の具体例

・唇にキスをした場合は強制わいせつになります。頬や腕にごく短時間キスしたような場合は迷惑防止条例違反(痴漢)や暴行として扱われることが多いです。

・抱きしめることは強制わいせつになります。

・胸をわしづかみにしたり、執拗にもんだり、下着の中に手を入れて直接触った場合は強制わいせつになります。すれ違いざまに一瞬触れたり、電車内で着衣の上から触った場合は、迷惑防止条例違反(痴漢)にとどまることが多いです。

・下着の中に手を入れて陰部を触った場合は強制わいせつになります。電車内で着衣の上から触った場合は迷惑防止条例違反(痴漢)になります。

・平成29年6月23日に刑法改正があり、口淫は強制性交等罪(旧強姦罪)に該当することになりました。改正刑法が施行されたのは平成29年7月13日です。施行日より前に口淫させた場合は強制わいせつ罪(懲役6月~10年)、施行日以後に口淫させた場合は強制性交等罪(懲役5年~20年)が成立します。

⇒強制わいせつになるか否か微妙なケースもありますので詳細は弁護士にご相談ください。

 

2 自白・刑事事件の場合の方針

(1)示談をする
① 起訴前
平成29年6月の刑法改正により、強制わいせつ罪は告訴がなくても起訴できるようになりました。そのため、示談をして告訴が取り下げられれば確実に不起訴になるというわけではありません。
もっとも、強制わいせつ罪が保護している対象は被害者個人の性的自由です。そのため、起訴・不起訴の判断にあたって、被害者の意思が最も重視されるということに変わりはありません。刑法改正後も、示談書中に「許す」、「処罰を望まない」といった文言があり、前科・前歴がなければ、不起訴になる可能性は高いと思われます。
一旦起訴された場合、その後に示談が成立したとしても、さかのぼって不起訴になるわけではありません。そのため、強制わいせつ事件においては、一日も早く示談交渉をスタートさせることが大切です。
② 起訴後
強制わいせつは、数ある性犯罪のなかでも強姦に次いで悪質な犯罪です。そのため、初犯の方であっても、いきなり実刑になる可能性が十分にあります。起訴後に示談が成立すれば、執行猶予を獲得できる可能性が高まります。起訴後であっても示談が最重要な弁護活動であることに変わりはありません。

(2)専門家の援助を受ける
強制わいせつ罪の加害者のなかには、自己の性的衝動をコントロールすることができず、性的な問題行動を繰り返してきた人が少なからずいます。そのような方に対しては、専門家の助けが必要です。カウンセリングを受けたり、クリニックに通うことによって、問題を根本から改善する必要があります。
⇒公判請求されたら…
通院の証拠として、受診証明書、カルテ等を裁判所に提出します。

(3)反省を促す
性犯罪被害者の本を読む等して、自らしてしまったことの重大さを自覚してもらいます。さらに、わいせつ行為をしてしまった原因を分析し、問題を克服するためにはどうすればよいのかをじっくり考えてもらいます。性依存症の方を対象とした自助グループに参加して内省を深めてもらうこともあります。
⇒公判請求されたら…
本人作成の反省文を証拠として提出します。また、裁判官の前で現在の心境を直接語ってもらいます。

(4)被害者とのコンタクトを控える
顔見知りの女性に強制わいせつをした場合、被害者は、「また同じことをされるのではないか?」、「仕返しされるのではないか?」と強い恐怖感を抱いています。そのような被害者の心情に配慮し、加害者としては、今後、被害者との接触は控えるべきです。弁護士を通じて、被害者にその点を強調するとともに、示談書の中に「今後、加害者は被害者に近づかない」といった条項を入れ、被害者の不安をできるだけ軽くします。
⇒ 公判請求されたら…
被害者に近づかないことを明記した示談書や本人作成の誓約書を証拠として提出します。

(5)転居費用を負担する
住居に侵入した上で強制わいせつに及んだ場合、被害者は加害者に対して強い嫌悪感・恐怖感を持っています。事件をきっかけとして被害者が転居を希望する場合は、可能であれば転居費用を負担することも検討する必要があるでしょう。
⇒公判請求されたら…
転居費用についての領収証を証拠として提出します。

3 否認・刑事事件の場合の方針

(1)身に覚えがない場合
全く身に覚えがないにもかかわらず、強制わいせつの容疑をかけられてしまった場合、アリバイ事実が存在することを弁護士が検察官・裁判官に主張し、不起訴処分あるいは無罪判決の獲得を目指します。捜査機関によってDNA鑑定、血液鑑定が実施されている場合は、改めて専門家に鑑定を依頼したり、裁判所に対して鑑定を実施するよう請求します。

(2)相手の同意があった場合
相手の同意があったにもかかわらず、強制わいせつの容疑をかけられてしまった場合、本人と相手の関係、交際するようになった経緯、交際の状況、性行為前後のやりとり等から、そもそも強制わいせつには当たらないことを主張します。

強制わいせつ罪の刑事弁護は仙台の弁護士におまかせください。