宮城県仙台駅前の法律事務所「仙台駅前法律事務所 刑事弁護専用サイト」の刑事・在宅事件の場合

刑事・在宅事件の場合

起訴前

連絡先が分からない被害者の連絡先を警察・検察から聴取して直ちに被害者と連絡を取り、被害者と示談交渉をします。その他、有利な事情をかき集めて検察官に不起訴妥当である旨交渉をします。

このように早期に処分が不起訴妥当と検察官に説得する材料を見つけるために、究極的には前科をつけないようにするためには、警察に出頭要請があった等早期の段階で弁護士に相談・依頼を検討すべきかと思います。
起訴後

刑事裁判も追加着手金不要で徹底的に戦い、執行猶予付判決を目指します。